【2024】東京女子医科大 医学部 学校推薦型選抜『至誠と愛』(卒業生子女)推薦 現役合格 M.Oさん (都内私立女子高校)

東京女子医科大 医学部

学校推薦型選抜『至誠と愛』(卒業生子女)推薦 現役合格 M.Oさん(都内私立女子高校)

 

 

 

 

数ある予備校の中から、一会塾を選ばれたのはなぜですか?決め手はどこでしたか

私は元々高校3年生になるまで推薦を受けることを考えておらず、一般受験の勉強のために高1の頃から医学部専門塾に通っていました。高3の夏前に自分に女子医大の推薦資格があることに気づき推薦を受けることを決めました。私は「至誠と愛」推薦についての知識が浅く、分からないことが沢山ありました。その中で「至誠と愛」推薦についてネットで調べていると一会塾の至誠と愛で合格された方の合格体験記を見つけました。それを読み、一会塾の先生の授業を受けさせていただきたいと思い連絡しました。その後母と一緒に一会塾に行くと丁寧に塾について説明してくださり、良い印象だったので入塾を決めました。  

 

『至誠と愛』(卒業生子女)推薦を選んだ経緯についてさらに詳しく教えてください

医学部の入試について調べていた中で、高校の進路別懇談会で女子医の『至誠と愛』推薦で合格された先輩がお話されていたことを思い出しました。調べてみると、自分に受験資格があることを知り、推薦を受けることを決めました。受けることを決定したのは高3の夏前で、それまでは一般のみで受験しようと考えていました。どのサイトで調べても『至誠と愛』(卒業生子女)推薦についての情報が少なく、過去問もないため情報集めが大変でした。また、推薦だけではなく一般の勉強も並行して行っていたので、その両立が大変でした。その中で、一会塾の先生は女子医のことにとても詳しく、授業で女子医の傾向を捉えた授業をしてくださったので、不安が解消されていきました。初めての授業から優しいながらも的確にご指導いただき、とても良い印象でした。

 

医学部の志望理由について教えてください

私は家族の中に医師が多く、幼いころから近くで家族が患者さんのために働いている姿を見て、医師という職業にあこがれを持ち、自分も医師になりたいと思うようになりました。その後も気持ちは変わらず、高1の頃に医学部専門塾への入塾を決めました。また高2の終わりからは、ほとんど毎日塾に通い本格的に受験勉強に励みました。

私が女子医大を志望した理由として、女性医師のキャリア教育が充実していていることがあります。臨床や研究の最前線で活躍されている卒業生が多く身近にロールモデルが多くいることに魅力を感じました。また祖母が女子医出身であるということも理由の一つでした。

 

一会塾で受講された授業と指導について詳しく教えてください 

「至誠と愛」の対策として、一次試験の前に志望理由書と面接の授業を受講しました。また一次試験合格後、二次試験の前に面接、小論文の授業を受講しました。

 

8月~ 1次試験対策 90分を3回受講 

10月~ 2次試験対策 90分を4回受講 

 

1回目の授業では自分自身について知るという内容で幼い頃まで遡って生い立ちを聞いてくださりました。自分自身をまず知ることは、その後の授業での志望理由書を作成したり、面接の練習をしたりする中でも役に立ちました。

 

2回目からは志望理由書や面接の対策でした。実際に医学部の面接で聞かれた質問を沢山してくださる中で、私が答えた後によくなるためのアドバイスもいただけたので本番でどんな質問をされても答えられる状態に仕上げることができました。また、東京女子医科大の創設者である吉岡彌生(よしおか やよい)先生についてや、女子医の傾向をとらえた面接練習もたくさんしていただきました。自己PRの授業では、自分のアピールポイントを短い時間の中でなるべく多くいれなければいけないということを学びました。それだけではなく、自己PRがあるということを受験当日まで知らなければ、面接の場で戸惑ってしまっていたと思うのでとても感謝しています。2次試験の対策では面接の練習だけでなく、小論文の対策として知っておくべき一般の医療関連のことや時事問題なども学ぶことができました。学んだことは応用すると面接でも小論文でも使えるようなものばかりでとてもためになりました。

 

 

面接個別指導の特徴とその他の点で良かったことはありましたか ~合格者の受験レポートがあります~

 

はい、それはやはり、女子医という大学の傾向やはりをつかんだ授業であったことです。担当していただいた高橋先生の授業はためになっただけでなく、常に優しく接してくださったので精神面でのサポートにもなりました。良いところは褒めてくださり、また改善すべきところは的確におっしゃってくださるのでありがたかったです。いつも励ましていただいていたので、自信をもって受験本番に臨むことができました。

 

過去の合格者の合格体験記やレポートをはじめとした様々な資料を見せていただけたので心の準備も整えて受験に臨むことができたことはとても良かったです。

 

また、塾長の先生や校舎長の先生、スタッフの方も優しく、丁寧にどんなときでも対応してくださったのでとても感謝しています。

 

受験当日のことは覚えていますか ~1次試験で問われること~

まず1次試験が9月の終わりにありましたが、事前に400字の志望理由書を8月ごろに提出しました。この日は筆記試験と面接の審査でした。筆記試験は例年とは、違い50分間の小論文のような試験でした。横線が書かれた紙にグラフを読んで考察するというもので、内容は女性の医師が増加していることについてでした。例年と試験内容が大幅に変わり正直戸惑いましたが、冷静になり対策したことを利用して自分の考えを最後の行まで書くことができました。予想外の問題に対応することができたのは高橋先生のご指導のおかげであると思います。

 

2次試験の『思考力試験』とは?できるだけ具体的に教えてください

そして、合格の通知がきて次に11月18日に2次試験がありました。そこで11月の初めに800字の志望理由書と400字の自己評価書を大学に提出しました。

2次試験では面接・小論文に加え思考力試験という女子医特有の試験がありました。SPI試験のような問題だと聞いていたので、1次合格後からSPI試験の問題集や数学の参考書を使いながら対策を始めました。試験は80分間のマークシート形式で大問10問の各大問小問5問ずつ計50問あったのでとにかくスピードが必要でした。内容は数学が多く、医療に関連した問題もありました。解けないほど難しい問題はありませんでしたが、数字が大きかったり、ひらめかないといけないものなど癖があるものでした。私は分かる問題からはやく解いていきました。数学の中でも数Aの分野のものが多いと感じました。

 

小論文については・・・

この思考力試験が終わると休憩をはさんで小論文がありました。内容は週60時間以上働いている常勤医師の割合がかかれたグラフがありそれを見て自分の考えを建学の精神を取り入れながら書くというものでした。大学に至誠と愛の理念や建学の精神を理解していることを伝えることができるような解答が必要だったと思います。50分間で800字の小論文でした。すらすら書くことができ見直しをすることもできました。

 

2次試験の面接は・・・・

小論文が終わると昼食時間を含めた休憩があり、休憩後に面接がありました。私は2番目だったので1番最初に1番の方と面接室の前で誘導されてそこで少し待ちました。一人10分ほどでした。面接官は3人でアクリル板をはさんで行われました。建学の精神についての質問や医師志望理由、学校や今までの活動について聞かれました。予想外だったのは良医と悪医の違いについてや多様性についての質問を聞かれたことでした。面接練習を沢山していただいていたので上手く答えることができたと思います。

 

精神面で受験勉強を乗り越えるヒントがあれば教えてください。

私は一般の勉強も並行して行っていたので勉強のバランスを考えるのが大変でした。推薦の勉強だけをしたいけれど、不合格だったときが怖くて勉強を続けていました。その中でも母はお弁当を作ってくれたり、話を夜遅くまで聞いてくれたのでストレスを少し発散することもできていました。父も送り迎えを休日を含め夜遅くまでしてもらっていたので両親のサポートにはとても感謝しています。

 

最後に・・・合格した瞬間のことは覚えていますか

大学のホームページ上自分の番号があったときは本当に嬉しかったです。つらかった受験生生活が終わったのでほっとしました。自信はあったものの試験が終わってから発表日まで緊張しながら毎日を過ごしていました。これからは医師になるという目標のスタートラインに立つことができたので喜ぶだけでなく、医師になるためにしっかり勉強を頑張っていこうと思います。

 

 

 

 

お気軽にご相談ください。
資料請求・入塾相談