1年で決める大切な浪人生活!
大きな教室で埋もれないための処方箋はありますか?

1クラス20人以上の大人数教室では質問はできません。

どうせ質問できないならYOU TUBE動画で十分ですよね。
大人数授業、個別指導や映像授業だけの塾のスタイルに不安を感じている方へ 

一会塾は1校舎でわずか20名弱です。これ以上はお預かりできません。

 平均クラス人数7名、質問自由自在の高品質&安心価格の塾が誕生しました。

一会塾では、武蔵小杉と恵比寿校にてそれぞれ約20人程度の既卒生をお預かりし、一人一人丁寧な学習指導を受けることができます。その秘密は、ちょうど良い大きさであるということ。1クラス100人以上が一度に通う大手予備校とは異なり、20人程度の既卒生を各校舎3人の受験アドバイザー(正社員)が学習管理しており、急な進路変更や学習相談にも対応できる体制を整えております。(※大手予備校では、おおよそ100人に1人の割合で正社員が指導にあたっています。当社調べ)一人一人に目が行き届き、毎日一人一人と会話する。あたり前ですが、ありそうでない学習環境を一会塾は提供して参ります。実際にお通いいただいた既卒生の保護者のみなさまからは感謝のお言葉をいただいております。(※下記保護者さまからのお手紙をご参照ください)

既卒生(再受験生)コースが設置されているのは、武蔵小杉と恵比寿校です。武蔵小杉恵比寿ともに、既卒生のグループ指導を朝から行っている大学受験専門塾は一会塾しかありません。

2021年 恵比寿校 募集16名 程度 (医学部専門 +獣医その他の学部は若干名募集)   

2021年 武蔵小杉校 募集20名程度 (医歯薬獣 +文系理系 合計)  

ご興味のある方はお早めに受験(入塾)相談会にご参加ください。 

こちらのサイトから面談予約が可能になりました。

恵比寿校(対面/Zoom)面談予約

武蔵小杉校(対面/Zoom)面談予約

 

既卒生の学費について

既卒生は現役生と異なり、朝から夜までの長時間にわたり塾に滞在していただいての学習管理を行っております。平日は朝9:00-21:00、土曜日は13:00-21:00、日曜日は10:00-18:00の間の自習室の使用が可能です。英数weeklyテスト・理科社会monthlyテスト、年間2回の学力到達度テストなど、学習の手ごたえを毎週実感できる指導体制を整えています。閉館日は、ゴールデンウィークの3日間、年末年始の3日間、および河合塾の公開模試日です。(詳しくは年間カレンダー2021をご覧ください)自習室は独立ボックス型で集中して学習できます。自習すべき教材についてのアドバイス、オリジナルテキストでの自習、豊富な演習プリントなど、個々のニーズに合わせて多様な指導が可能です。

原則としてコース制となっておりますが、学力診断テストまたは特待生試験を受けていただければ単科生も受け付けてます。

クラス授業料(年間33週分授業料)  ※以下は単価で受講する場合です。コース制には割引にがあります。詳しくはお問合せください。

(医学部・薬学・獣医・理工・文系・看護など、コースによって受講科目数に違いがあります。個別カスタマイズが可能ですので、入塾説明会にてご相談ください。)

1単位60

前期12

夏期6

後期12

冬期3週

合計

1.5単位 (週1回90分1コマ)

64,800円

32,400円

64,800円

16,200円

178,200円

 

マンツーマン)個別指導料金(1回90分)

 

年間受講   【週1コマ】       0.5コマ】

都度受講(1コマ) 塾生割引価格

プロ講師

534,600(33)

291,600(18)

16,200

大学生

415,800(33)

226,800(18)

12,600

※週0.5コマは2週に1回のペースで行います。入塾せずに個別指導を受ける場合は1回1コマ18,000円となります。

※学費はすべて税別です。

※支払い方法は、1括または2分括またはそれ以上の回数をお選びいただけますが、3分括以上の場合には分割手数料(1回につき5000円)を頂戴いたします。

※途中退会に関しては、月割りにてご返金をいたします。ただし、年間コース割引にてご入塾いただいた場合には、割引しなかった場合に戻してのご精算になりますのでご注意ください。

※既卒生の授業料に関する入金方法と分割および退会規定はこちらをご覧ください。

既卒授業料納入規約0331

 

※卒塾生の保護者さまよりうれしいお手紙をいただきました。了承を得て公開させていただいております。

息子の受験を終えて

一年間の浪人期間を経て、息子は希望する大学に合格することが出来ました。一会塾の先生方には大変お世話になり感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。

私自身は11月の保護者面談で初めて一会塾の先生とお話しする機会をいただきました。そして、この面談で先生方の経験値の高さ指導力の高さそしてハートの熱さに深く感銘しました。

まず、息子の性格や特徴、最近の調子について話をしました。私以上に分析、把握されているという印象でした。そして、息子の志望校最終決定について話し合いました。受験までに残された数か月の時間のなかで、いかにモチベーションの上げていくかという発想からの志望校選定の提案をされました。第一志望校は息子にとってはレベルが高く可能性が少ない大学でしたが、設定を高くすることで実力の底上げを狙う作戦でした。現実の実力から志望校を設定し、受験失敗の可能性を極力減らすのが当然だと考えていた私にとって、まさに「目からうろこ」な発想でした。生徒への分析力と経験値がないと受験数か月前に第一志望校を変更する発想はできません。先生方の考え方に私も共感し、この日を境に息子のラストスパートが始まりました。

この一年間、私は息子には真の意味で自立して欲しいという想いから敢えて受験勉強には関わらないようにしていました。良い結果も悪い結果も自分で背負って欲しいと考えていたからです。ただ、あの面接以降は、ちょっと顔を合せると息子の気持ちを乗せる言葉をかけるようになりました。彼がどのように感じたかはわかりませんが、11月以降は目の色が変わり、気持ちが折れる様子もなく最後まで突き進んでいったように見うけました。

 今振り返ると息子と一会塾の相性がとても良かったのだと思います。高校三年生時で受験に耐えられる力がなく悔しい思いをした息子ですが、この一年間は本人は本当に頑張ったと思います。これというのも一会塾の先生方の御指導とサポート、そして塾で出会った仲間のおかげだと思います。彼にとって、非常に中身の濃い一年を一会塾で過ごせて幸せだったと思います。

 最後になりますが、これからも一会塾から数多くの合格者が生まれ、塾の益々発展と卒塾生の更なる活躍を切に願います。ありがとうございました。

和田智裕(和田宗英父)