【国際医療〈医〉帰国枠専用 対策テキストが完成!】 教科別の個別指導も開始いたします〈合格者 全6名中4名〉 が一会塾で対策を行いました いよいよ8/16(火)から2022年の出願がスタート!

2022 / 2023年 受験者対象 国際医療福祉大 医学部医学科 帰国生特別選抜 専用対策コースを開設いたします~  

 

【帰国生特別選抜 合格者数の推移】

国際医療福祉大学 医学部 医学科  帰国生特別選抜(20182022) 入試データ

 

受験者数

1次通過者数

正規合格者数

補欠合格者数

2018年度

63

52

6名

1名

2019年度

62

7

1名※

0

2020年度

40

3

3

0

2021年度

49

9

6

2名

2022年度

66

14

5名※

1名※

 

◆大学公表の数字です

※2023年の第1回試験(2022年の9/6(火))は終了しました。帰国生は35名受験(予想)し、うち3名が一会塾から1次通過しています。

※2019年の1名、2022年のうち4名が一会塾で対策を行っています。

※合格者のデータから推測すると、学科試験での平均点は、医学部一般入試の難易度からすると決して高くはありません。物理と生物を除いて、学科試験は比較的易しく、しっかりと基礎を積んでいる方であれば、努力で到達できるレベルになります。

 

国際医療福祉大で合格するためには筆記試験に照準を合わせて対策することが何より重要です。また最終合格においては志望理由の対策が最も大切です。

 

 

【コース詳細】 コース期間   開始(個別設定します)  12(2回試験合格まで) 

 

(通学しての受講、オンラインでの受講、いずれでも対応可能です)

 

1次通過者4名の書類・受験レポート・成績データに基づいて1次突破できるように対策を講じていきます。

 

 

【1次試験対策の個別指導】 

★専用のテキストを使って個別指導を実施して参ります

 

★単元別に分析&整理されていおり、弱点を集中的に補うことが可能です(↓化学)

★単元別に分析&整理されていおり、弱点を集中的に補うことが可能です(↓数学)

★単元別に分析&整理されていおり、弱点を集中的に補うことが可能です(↓生物)

 

対策テキストについて

1)英語対策テキスト(帰国生枠試験に特化した4択英文法問題と正誤問題を集中的に攻略します)

 

1)数学テキスト(英語 / 日本語 の両言語対応テキストになっています)

日本語で数学を習った人[英語で数学を習った人]でも、英語[日本語]ではどのように聞かれるのか、について毎回しっかりおさえられます

 

2)化学テキスト(英語 / 日本語 の両言語対応テキストになっています)

 

3)生物テキスト(英語 / 日本語 の両言語対応テキストになっています)

 

4)物理テキスト(英語 / 日本語 の両言語対応テキストになっています)

 

【小論および2次試験対策の個別指導】 海外からでもオンラインで参加可能(2022年実績4名が参加中)

面接と志望理由および英文志望理由書対策・・・人によって回数の必要性は異なります。平均3回程度必要となります。 (提出書類の対策とそれを見ながらの2次面接対策となります。英文エッセイ対策も個別指導にて行って参ります)

 

【推奨クラス授業】

基礎学力(テスト実施)をお持ちの方は、数学や化学・物理などのクラス授業に参加することが可能です。以下の講座に関しては、特におススメの講座となります。

生物は特に問題が難しく対策が必要とされています。

① 受験生物(週1回 4.0時間) (必要に応じて)英語と日本語の両面から年間を通じて授業を行います。帰国生選抜の理科では、生物が最も難しく、化学よりもより、生物を英語で考える対策が有効となります。合格実績のあるバイリンガル講師(医学博士)が担当します。

受験物理(週1回 4.0時間) 物理選択の人は、物理を得意にしておく必要があります。本番の化学や留学生試験よりも難しく、しっかりとした対策が必要です。

メディカル小論文(1.5時間) 毎回、医系のニュースや知識を習得して、アウトプットも行う。英文エッセイ対策と面接対策もかねています。

 

 

【帰国生特別選抜対策テストの実施】

「国際医療福祉大1次試験(筆記)の対策テスト」を全10回のテストが用意されています。

通学生は教室または自習室での実施となります。オンライン受講の方は問題を毎回クラウドで共有して各自実施して自己採点&報告していただきます。

「国際医療福祉大1次試験の対策テスト」は日本留学生試験に基づいたものです。実際の学科試験はすべて英語で出題されるため、数学と理科において日本語英語の切り替えがスムーズに理解できるように問題を通じて訓練していきます。

英語問題の対策について・・・帰国生特別選抜の英語問題は全部で60問(うち英文法の問題が40問出題されます)、問題は国際医療福祉大の一般入試問題より簡単ですが、英文法が苦手な方は対策が必要です。英文法の穴埋め問題と正誤判定問題を本番と同じ出題形式と問題量で演習していきます。40題を20分以内で解答するのが目安です。

※小論文(英文エッセイ)については、普段から書き慣れておくこと、練習したり、思考したりしておくことが重要です。過去の問題だけでなく、一般的な医学部のテーマ型小論文を月1本のペースで英語で書いておきましょう。一会塾は、希望者には添削してお返ししています。(コース受講生は無料)

 

【コース料金は特に必要ありません】

通学での受講生は一会塾の規定の料金(受講される分の授業料と年間諸経費)をいただきます。割増料金などはございません。

高3・高2・高1年生の料金 

既卒生の料金 

オンライン生の料金 

国際医療福祉大についての期間限定のオンラインで特別ガイダンスを行います また 現在の学力から合格レベルまでどのように学習すべきかについてアドバイスいたします。(2023年以降の受験者対象)
9月17日(土)19:30~(←日本時間、海外からでもオンラインでご参加いただけます) 
9月24日(土)19:30~(←日本時間、海外からでもオンラインでご参加いただけます)
10月1日(土)19:30~(←日本時間、海外からでもオンラインでご参加いただけます)   
お申込みは以下のフォームから上記に日程を選択し、ご相談内容の空欄に「国際医療福祉大 医学部 受験相談」とお書きください。

面談予約フォーム(武蔵小杉校) ☜こちらをクリックして予約ください。

 

合格体験記はこちら

・国際医療福祉大学 医学部 医学科 2022年4月入学 Tさん ~私立女子中学→NZ現地高校→オンラインで志望理由や数学を受講→帰国して一会塾に通い、わずか1か月での合格~!
・国際医療福祉大学 医学部 医学科 2022年4月入学 GLENUNGA INTERNATIONAL HIGH SCHOOL(オーストラリア)第1回 帰国生特別選抜 合格者
・国際医療福祉大 医学部 医学科 2022年4月入学 Korea Kent Foreign School 第2回 帰国生特別選抜 合格者 ~韓国から日本の医学部へ。国際医療福祉に逆転合格、最後の決め手は志望理由と面接対策でした~
・医学部編 国際医療福祉大 Nさん~アメリカの高校を卒業し、理科の知識ゼロから医学部合格、帰国枠入試62名受験で唯一の合格者、半年で奇跡の逆転合格を起こした秘訣とは!?~
お気軽にご相談ください。
資料請求・お問い合わせ